Shenzhen Japanese School

編入学Q&A集

  • HOME »
  • 編入学Q&A集

Q. 誰でも入学できますか?
Q. いつでも編入できますか?
Q. 入学・編入の際は試験がありますか?
Q. どうすれば入学・編入できますか?
Q. 入学時に子どものパスポートやビザは必要ですか?
Q. 教科書はどうするのですか?
Q. 通学バスに乗らない時は子どもだけで通学が可能ですか?
Q. 授業料の振り込みはどの銀行ですか?
Q. 初期費用はどのくらいですか?
Q. 見学はできますか?
Q. 入学条件にある「施設充実基金」とは何ですか?
Q. 学校の所在地を教えてください?
Q. 子どもはインター校に通っていますが、教科書をもらうことはできますか?
Q. 通学バスルートや利用方法について教えてください。
Q. 中学卒業後の進路を教えてください。
Q. の学校に在籍していても漢字検定や英語検定を受けることができますか?
Q. 初めての転校で子どもが慣れるか心配です。


Q. 誰でも入学できますか?
A. 日本国籍を有する日本人が対象の学校です。


Q. いつでも編入できますか?
A. 基本的にいつでも編入ができます。但し、中学3年生については6月末までの編入しか認めていません。


Q. 入学・編入の際は試験がありますか?
A. 日本語能力等を試す面接を行っています。これに合格された時のみ入学・編入できます。


Q. どうすれば入学・編入できますか?
A. 入学・編入までの流れは、①申請(「様式1 申請書」の提出)→②三者面接→③編入手続(書類提出等)です。4月入学・編入学については12~1月頃にHPで案内があります。


Q. 入学時に子どものパスポートやビザは必要ですか?
A. 必要です。パスポート(日本国籍所有の証明)と長期滞在資格(ビザや居留証)の写しを入学手続きの際にご提出ください。編入の場合も同様です。


Q. 教科書はどうするのですか?
A. 日本からの場合は、日本で使用している教科書を持って来てください。但し、出版会社が異なる教科は海外子女教育振興財団で必ず教科書をもらってきてください。また海外の他の学校からの場合は、その教科書を持って来てください。こちらで在住の場合は総領事館に問い合わせてもらってください。


Q. 通学バスに乗らない時は子どもだけで通学が可能ですか?
A. 小学生の場合は必ず保護者の送迎が必要です。子どもだけでの通学は認めていません。


Q. 授業料の振り込みはどの銀行ですか?
A. 現在、中国銀行(BANK OF CHINA)です。


Q. 初期費用はどのくらいですか?
A. 入学金(7,000元/人)、編・入学月の授業料(1人当たり3,500元/月)です。年度当初、教材費として小学部400元(後期初めに300元)。中学部900元(年度当初のみ)。また、通学バスを利用する場合は 編・入学後にバス委員会より請求があります(入会金100元、利用費800元/月)。その他、PTA会費があります(半期につき80元/家庭)。


Q. 見学はできますか?
A. 随時受け付けています(平日のみ)。「見学申込書」にご記入の上、事務局へメールでお送りください。見学日時は別途ご相談ください。


Q. 入学条件にある「施設充実基金」とは何ですか?
A. 本校へ編・入学するに当たり、保護者勤務先の会社よりお支払いいただく費用です。すでに規定額を納められ ている場合はお支払いいただく必要がございません。詳細は事務局へお問い合わせください。


Q. 学校の所在地を教えてください。
A. メールに①保護者氏名・連絡先 ②児童生徒氏名・学年 ③保護者勤務先会社名 ④所在地問合せの理由をお書き添えの上、事務局宛にお問い合わせください。


Q. 子どもはインター校に通っていますが、教科書をもらうことはできますか。
A. 在広州日本国総領事館にお問い合わせください。


Q. 通学バスルートや利用方法について教えてください。
A. 学校HPから通学バスのHPへリンクしていますので、ご覧下さい。


Q. 中学卒業後の進路を教えてください。
A. 日本の高校、近隣のインター校、他国にある日本の私学などです。


Q. 他の学校に在籍していても漢字検定や英語検定を受けることができますか?
A. 本校に在籍する児童生徒の家族、補習校在籍の児童生徒は可能としていますがお問合せください。


Q. 初めての転校で子どもが慣れるか心配です。
A. 親の愛情があれば大丈夫です。特に母親はどんと構えてしっかりと子どもさんを受け止めてあげてください。愛情は日本以上に必要です。

PAGETOP
Copyright © 深圳日本人学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.