Shenzhen Japanese School

編入学案内

  • HOME »
  • 編入学案内


深圳日本人学校入学案内

教育課程  入学対象者  入学手続き  入学金・授業料・諸経費・施設充実基金
設置学年   学期区分   通学バス   学用品  編入書類DL  編入学Q&A集

教育課程
文部科学省が定める学習指導要領に準拠するとともに、深センならではの特色をもった教育課程を編成します。

入学対象者
原則として、下記条件を満たす者を入学または編入学対象とします。
※条件に合致しない場合、理事会にて審議の上、対象者とすることができます。
(1)親権を有する保護者と共に深圳市及び近隣地域に在住し、且つ、日本国籍を有する者。 ※日本とその他国との二重国籍の場合、日本国籍を有し日本国旅券を使用していることで日本国民と認められます。中国政府は日本国籍以外の児童生徒の本校への編・入学を認めていない為ご注意下さい。
(2)長期滞在のビザ・外国人居留許可(居留証)を有する者。
※申請から取得までは時間がかかります。早めにお手続きください。
日本国籍留保、中国籍離脱申請中のお子様も、すべての条件が整ってからお申し込みください。
(3)日本の義務教育年齢に該当する者。
(4)授業を受けるのに必要な日本語能力を有する者。
※場合によっては入学・編入試験を実施します。
(5)その他
・中学部3年生の受入は6月末日までとします。
・入学・編入学に当たり、所定の施設充実基金の納付が必要となります。

入学手続き

1.申請
入学・編入学をご希望の方は、まず「【様式1】面接申請書」(ダウンロードはこちら→Excelファイル
を記入し、Excelファイルのまま、E-mailで学校事務局へご提出ください。(何らかの理由で、Excelでの記入提出が不都合な場合のみ、PDFをご利用ください。→PDFファイル
追って本校より面接のご連絡を致します。
面接日時の予約を取得されましたら、受け入れ準備のため、住所等が決まってからで結構ですので、三者面接までに「家庭連絡票」をExcelファイルのままメールでご送付ください。(ダウンロードはこちら→Excelファイル
(何らかの理由で、Excelでの記入提出が不都合な場合のみ、PDFをご利用ください。→PDFファイル
ただし、入学手続きでは紙に印刷いただいたものを必ずご提出いただきます。
2.三者面接(児童生徒・保護者・校長)
現地校、インター校からの編入の場合等で日本語が少々不安というお子様には早めの面接予約をお勧め致します。面接では、新小1入学の場合は日本語での簡単な日常会話能力を、小2以上の場合は授業を受けるのに必要な日本語能力を有しているかを確認させて頂きます。
3.手続き
面接を受け、入学許可の認められた児童・生徒の保護者の方は以下の書類を提出し、入学金および初月の授業料を現金でお支払いください。
(1)本校所定
①【様式2】入学・編入学申込書
(本校指定の用紙 ダウンロードはこちら→ExcelファイルPDFファイル )
②家庭連絡票
(本校指定の用紙 ダウンロードはこちら→Excelファイル
(何らかの理由で、Excelでの記入提出が不都合な場合のみ、PDFをご利用ください。→PDFファイル
③保護者の顔写真(両親各1枚 証明写真サイズ 約 縦3.8㎝×横2.8㎝ )
※入校証(来校証)の作成用です。(既にご兄弟が在籍中で、来校証をお持ちの場合は不要。)
裏に保護者氏名を記入してください。
保護者以外で送迎者がいる場合はその方の写真・身分証の写しもご提出ください。来校時の確認を簡単にする為、ご協力をお願いいたします。
④本人・保護者のパスポート(顔写真のページ)および居留証の写し(1部)
※居留証の取得がお済みでない場合はビザの写しをご提出ください。
⑤発票発行の必要情報を記入した書類(各種HPよりダウンロード可)
・個人名義で発票発行を希望される方は、「個人名義 増値税発票発行連絡書(增值税发票开票信息表)」をご提出ください。
(個人名義 増値税発票発行連絡書 ダウンロードはこちら→Wordファイル
・会社名義で発票発行を希望される方は、「会社名義 増値税発票発行連絡書(关于开具公司名称增值税发票的联络函)」と「会社学生/保護者情報(公司学生/家长信息)」をご提出ください。ただし、以前にご勤務先が「会社名義 増値税発票発行連絡書」を既に本校に提出済みで、内容に変更が無い場合は、「会社学生/保護者情報(公司学生/家长信息)」のみをご提出ください。
(注)会社名義での発票は、保護者のご勤務先でかつ、本校への施設充実基金納付時の連絡書に申告された企業名でのみ発行が可能です。その他の企業名では発行できません。
(会社名義 増値税発票発行連絡書 ダウンロードはこちら→Wordファイル
会社学生/保護者情報 ダウンロードはこちら→Excelファイル

2.在籍校で受け取る書類
(1)在学証明書(中学部に新入学の場合は、小学校の卒業証明書)
(2)指導要録の写し
(3)健康診断票
(4)歯の検査票
(5)教科書
※中国在住の編入・入学者の場合は領事館より受領となります。(学校でお渡しします)  日本からの入学者は日本での教科書受領となります。必ず受領してきてください。
在籍校で受け取った「教科用図書給与証明書」は下記の海外子女教育振興財団へ提示してください。
海外子女教育振興財団 (東京事務所)
〒150-0002
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル6階
電話 03-4330-1341  FAX 03-4330-1355
海外子女教育振興財団 (大阪分室)
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル3階
電話 06-6344-4318  FAX 06-6344-4328
※本校の使用教科書は以下の通りです。
本校使用教科書一覧はこちらから別ウィンドウで開きます。(PDF)→ 【 教科書一覧 

入学金・授業料・諸経費・施設充実基金
1.入学金
7,000RMB/人
※編・入学手続きの際に現金にて事務局にお支払い下さい。
※入学金の返還は行いません。
2.授業料
42,000RMB/年 (3,500RMB/月)
(1)小学部・中学部とも一律金額。
(2)月途中での編入に関しては15日を基準とします。編入は1~15日の場合は全額、16~31日の場合は半額を徴収します。
※但し年度始業/年度修了時の編入,4月入学/3月卒業は,在籍の関係から1ヶ月分となります。
(3)授業料は銀行口座自動引落となります。
(引落に必要な手続き等は入学手続きの際に別途ご連絡致します。)
※なお、編入学月の授業料に関しては入学金と一緒に手続時に現金にてお支払い下さい。
3.諸経費
(1)通学バス費用  (保護者で構成のバス委員会で管理運営)
800元 /月 一律・入会金100元(利用者のみ)
(2)教材費    小学部 700元  中学部 900元
※入学・編入学年度分の教材費は入学手続きで現金にて事務局へお支払いください。それ以降の年度分の教材費は、毎年4月1日に、自動引落を行います。4月分の授業料と1年分の教材費を併せて一括で引き落としますので、引落口座が残高不足となることがないよう、口座残高の確認及び入金をお願いします。なお、年度途中に編入・転出される場合も、教材費は1年分を徴収し、返金はいたしません。
※宿泊を伴う校外学習、香港・マカオでの校外学習、中学部実力テストは、別途徴収します。
4.施設充実基金
保護者在籍企業より納付していただく必要があります。本校事務局にお問い合わせ願います。
施設充実基金については、中国の会計処理で用いられる「発票」ではなく、学校独自の領収書のみの発行となります。ご理解いただけますようお願い致します。

設置学年
1.小学部全学年
2.中学部全学年

学期区分
前期:4月1日から9月30日まで
後期:10月1日から3月31日まで

通学バス
保護者でバス委員会を結成し、バス委員会が運営。
利用希望者は下記リンクより申込み、その後バス委員会より連絡します。
通学バスの申込み・お問い合わせ→「通学バス」ホームページ

学用品等
学用品等一覧表はこちらから別ウィンドウで開きます。(PDF)→ 【 学用品一覧 】
※昼食について
給食はありません。基本的には家庭でお弁当をご準備下さい。
但し、学校指定の弁当屋への注文も可能です。

編入学関係書類ダウンロード
書類はExcelをご利用ください。何らかの理由でExcelでの記入提出が不都合な場合にのみ、PDFをご利用ください。
・【様式1】面接申請書(ExcelファイルPDFファイル
・【様式2】入学・編入学申込書(ExcelファイルPDFファイル
・家庭連絡票(ExcelファイルPDFファイル

 

PAGETOP
Copyright © 深圳日本人学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.